商品一覧へ

雷鳥社 草の辞典 野の花・道の草

¥1,650 (税込)

すみれ、なずな、ワレモコウなど。
お散歩途中でよく見かける四季の草花193種の美しい写真と、それぞれの花言葉を綴ったビジュアルブックです。

草花にまつわる言い回しや季語、名言や、「シロツメクサ茶」「ドクダミ化粧水」など野の草花を使った手づくりの料理やお茶、コスメなどのレシピもご紹介。

足元の草に目を向けると、小さくとも深く豊かな宇宙が広がっています。
知れば知るほど野の花や道の草が愛おしくなり、温かな気持ちとなれる一冊です。

荻窪にある出版社・雷鳥社が提案する辞典シリーズは、全11種類。
本を持つとき、ページをめくるとき。雷鳥社さんは、本づくりにおいて触り心地をとても大切にされています。
それぞれのテーマごとに、とことんこだわり抜いた装丁と圧巻の内容は、どれも本棚にあると嬉しくなる、とっておきの1冊です。

お誕生日プレゼントや、あの人を元気づけたいときなど。
贈り物にもとても喜ばれるシリーズですので、ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

辞典シリーズをもっとみる
ちょっとずつ揃えたくなる、全11種類

2〜5冊を一緒に贈り物にされる場合は、それぞれの本を包装紙でお包みした後まとめてリボンをお掛けいたします。6冊以上はギフトボックスにお入れいたします。

在庫2個

説明

雷鳥社の辞典シリーズ・第4弾「草の辞典」
散歩道や公園でよく出会う、「あの」草花193種がこの1冊に詰まっています。

著者 森乃おと

広島県出身。俳人、和の暮らし研究家。和の年中行事や手仕事の研究を行い、雑草と呼ばれる草花を愛好する。著書『七十二候のゆうるり歳時記手帖』(雷鳥社)

イラスト ささきみえこ

北海道出身。イラストレーター、刺繍作家、彫刻家。


-Made  in  Japan

 2017年1月発売/書籍/雷鳥社

-Size : 上製/288p/A6判

-ISBN : 978-4-8441-3710-8

レビュー

レビューはまだありません。

“雷鳥社 草の辞典 野の花・道の草” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です