肌も心もゆらぎがちな、この季節。

肌の不調は日焼けや汗などの外的な要因に加え、食生活、体、心の状態など、どんなに気を付けていても起こることがありますよね。たっぷり保湿が必要な時もあれば、何もしなくて良い日もある。自分で必要なものに気づいて、与えて、減らして、コントロールできたら。

そんな時に、ハーブチンキを使って、今の自分のお肌の状態に合わせたオリジナルの化粧水を作ってみませんか?

 

植物のパワーがギュッと詰まった、手作り化粧水用原料「ハーブチンキ」

ハーブチンキとは、植物のさまざまな有効成分をアルコールなどで抽出したエッセンスのことで、古くから世界各地で、体や皮膚の不調の手当に使用されてきました。

SORRY KOUBOUのハーブチンキは、色鮮やかな植物たち(収穫してから1年以内のものを使用)と国産サトウキビ糖蜜を発酵させてつくられるアルコール、というシンプルな原料から製造しています。

その時々のお肌の状態に合わせてハーブチンキでつくるオーダーメイドの化粧水は、思った以上に簡単で、使用するお水は水道水でも大丈夫。手作りの化粧水は、ハーブチンキ・お水・グリセリン(保湿剤)というシンプルな材料で、誰でも気軽に作ることができます!

 


 

化粧水の作り方

 

 
材料 50mlのボトル1本分(約2週間分)
 
・お好みのハーブチンキ 小さじ約1/2
・グリセリン(保湿剤)小さじ約1/2
・水(ミネラルウォーターまたは水道水)約45cc
 
 
道具
 
・化粧水を入れるボトル
・計量スプーン
・計量カップ(注ぎ口がついたもの)
 
 
作り方
 
準備:化粧水を入れるボトルを、煮沸消毒もしくはアルコールで除菌しておく。

①計量カップへ水を入れる
②①へハーブチンキ、グリセリンを足してよく混ぜる
③容器に入れる
 
 
《ご注意とワンポイント》
 
・作った化粧水は必ず冷蔵庫で保管し、2週間以内に使い切ってください。
・ハーブチンキの量は、作る化粧水全体の5%以内であればOK、お好みで減らしたり、他のハーブチンキを足してブレンドもおすすめです。
・レシピのグリセリンは目安です。
決まりはありませんので、増やしたり(しっとり)減らしたり(さっぱり)調整しながら、ご自身のお肌にあったレシピを見つけてみてくださいね。
 
 

 
 

シンプルな成分とハーブエキスで、お口や喉のケアにも。

 

ハーブには殺菌、抗炎症作用があるもの、保湿作用があるもの、引き締め作用があるものなどがありますので、口腔ケアにも最適です。
お口の中がハーブの香りでさっぱり!

アルコール(国産サトウキビを発酵させて作られたアルコール/飲用可)とハーブエキス、精製水だけで作られたハーブチンキは、化粧水だけではなく、お口や喉のケアにお使いいただくこともおすすめしています。

とくにカモミールチンキは、歯茎の炎症や口内炎、喉の痛みなどに最適。
甘い香りが特徴で、お子さまにもリラックスしてお使いいただけます。
 
使用する量は、小さめのコップに3,4滴。
よく混ぜてからご使用ください。

また、シンプルな歯磨き粉にハーブチンキを混ぜてお使いいただくこともできます。
普段お使いいただく歯磨き粉の量に、お好みのハーブチンキを1滴。こちらもよく混ぜてご使用ください。

ハーブチンキは常温で保管ができますので、洗面所に置いてぜひご家族皆さまでご使用くださいね。
 
 
 
 

ハーブチンキをご使用前に、ご確認いただきたいこと

 

 

・ハーブチンキはそのままでは使用せず、必ず水などで薄めてご使用ください。
・肌に異常が出た場合はただちに使用を中止し皮膚科専門医等に相談をしてください。
・洋服などに付着しますと色が付くことがありますのでご注意ください。
・天然の成分を使用しておりますのでロットにより、色・香りなどが変わることがございますが、ご使用に問題はございません。
・成分が沈殿することがございますがご使用に問題はございません。
・よく振ってからご使用ください。
・様々な植物を原料にしております。キク科、シソ科などのアレルギーの方はかかりつけ医にご相談のうえご使用くださいませ。

 

「SORRY KOUBOU」のスキンケアアイテムは、赤ちゃんから大人の敏感肌まで、植物の持つ力をダイレクトに感じることができ、自分に合った使い方ができる自由度の高さが大きな魅力です。

ご家族皆さまで、植物と一緒に、心地よい肌を探してみませんか?

 

SORRY KOUBOUのアイテムをみる