さあ収穫の時です!
フランスの庭園から野菜や果物たちのキャラクター”MyuM”がやって来ました。

MyuM(ミューム)は2013年にFaustine Durand(フォスティン・デュラン)によりスタートしたオーガニックコットンのおもちゃブランドです。ネギ、カブ、ニンジン、エンドウ豆...鉤針編みのとびきりキュートなお野菜たちは、赤ちゃんにはガラガラとして、小さなお子様には野菜の名前を覚えるツールとしてお使いいただけます。

3人の子どものうちの1人が畑に生えているネギを認識できないというのをご存知ですか?スーパーに並ぶカットされたネギや出来上がった状態の食べ物が当たり前だと思っている子どもたちに、ぜひMyuMのお野菜をプレゼントしてください。子どもの頃から自然や食べ物に意識が向くよう教育することは私たち大人の義務です。また、野菜をたくさん食べることは自然のサイクルを促し地球温暖化を避けるのにも役立ちます。

創始者のFaustineは、フランスの国立美術学校で学んだのち東京藝術大学への留学中に鉤針編みでお野菜たちを作り始めました。その後フランスに戻り、2017年に惜しまれつつ20年の歴史に幕を下ろしたパリのコンセプトストア・coletteでの取扱いが始まったことで彼女のコレクションが本格的にスタートしました。
レモン、梨、リンゴ、ビーツ、トウモロコシ、キノコ、アボカド...と、バリエーションが増えるに伴い職人の数も増え、今日では女性職人によるチームで世界中の子どもたちのために野菜や果物を生み出しています。鉤針編みは人の手でしかできない手法。機械には替えることの叶わない人の手による温かみある仕事ぶりは、出来上がったお野菜たちのユニークな表情に表れています。