子どもが成人したとき、一人暮らしを始めるとき、結婚するとき、親になるとき。

子どもの人生の節目に、親として何を贈りますか?


 

BIRTHDAY BOOKは、子どもが誕生してから20歳になるまでを記録し、成人したわが子にプレゼントするメッセージブックです。

発行は、撮る・書く・つくる人のための出版社「雷鳥社」。
東京・荻窪にある出版社で、ずっと本棚に置いておきたくなるような、モノとしての佇まいにもこだわった本を出版しています。

編集は谷口香織さん
イラストは白井匠さん
ブックデザインは小林祐司さん

親から子へ、子から孫へ。100年残したい特別な「贈る本」をコンセプトに、小さな子どもを持つ2人のお父さんと1人のお母さんによって、この本は生まれました。

 

 

布張りのシックな装丁を開くと、季節は春。森の動物たちに見守られ、くまの赤ちゃんが誕生するところから始まります。
くまの親子のストーリーと一緒に、お子さまとご家族の20年間の物語もスタートするのです。

 

 

0歳は月ごとに、1歳から20歳まではお誕生日ごとに記録します。

各年齢ページには、身長、体重、お父さん・お母さんの年齢や世の中の出来事などに加えて「足のサイズ」という項目も。成長して体重を教えてくれなくなったとしても、靴のサイズだったら玄関に行けばすぐ分かるはず…!ということで加えられました。

フリースペースには、写真やチケット、手形や足形、お子さまが描いた絵などを自由に貼ることができます。

全部埋まらなくても、お休みの年があっても大丈夫。それも含めて20年間の物語なのですから。

 

 

「気に入らないことがあると噛みつく」

これは編集の谷口氏が出産したときにお母さまから渡された、ご自身の母子手帳に書いてあったメモだそうです。しかも殴り書き。
なれない育児に心身ともにヘロヘロだった谷口氏は、ゲラゲラ笑い、救われた気持ちがしたとのこと。

育児書ではなく、親からの言葉だからこそ、響くことがあります。
子どもが誕生したときの、言葉にできない程の幸せな気持ち、小さな成長に一喜一憂したこと、イヤイヤ期や反抗期でイラっとしたこと。

良いことばかりでなくても良い、ありのままを、記録として残してみませんか。