PLYWOOD laboratoryは、1936年創業の歴史ある北海道の合板メーカー滝澤ベニヤが国内外で活躍している2つのデザインスタジオ【林裕輔と安西葉子によるデザインスタジオDRILL DESIGN/佐藤界と大野雄二による家具製作を中心としたチームFULLSWING】と共に2016年にスタートしたプロダクトブランドです。

独自に開発された素材「Paper-Wood」はカラフルな再生紙と北海道産の木材を貼り合わせたまったく新しい合板で、塗装などの後加工では得られない独自の表情と質感を持っており、断面に現れるストライプは今までに見たことのない美しさです。現在までに日本国内において著名なデザイナーや建築家たちの数々のプロジェクトに使用されており、2010年にはGood Design Award を受賞しています。
PLYWOOD laboratoryではこの「Paper-Wood」を主な素材とし、日本有数の家具の産地である北海道・旭川の自社工場で北海道産の木材にこだわり人の手による丁寧なものづくりを行っています。木口面に穴などがないよう単板1枚1枚をしっかりと検品して補修をしているため、切った木口断面に欠点が少なく美しい断面としてそのまま使用できる高品質な合板を使った製品は、ずっと眺めていたくなる素晴らしい魅力を持っています。