KAKAPO -カカポ- は、ニュージーランド固有の世界で唯一 ”飛べない” オウムです。この美しい黄緑色の羽を持つ夜行性のオウムは、ニュージーランドの先住民族マオリの言葉で「夜のオウム」を意味します。ずんぐりと丸っこいシルエットが愛らしく、飛べないため上手に木登りをして木の実を食べに行くといいます。

このカカポが今、絶滅の危機に瀕しているのをご存知ですか。

           

「未来を担う子どもたちが環境保護に興味を持つきっかけを作りたい」とDianaとSophieの女性2人により2018年にパリで立ち上げられたKAKAPO。ブランド名にはこの美しく愛らしいオウムの名前を冠しています。

彼女たちが作った最初のコレクションは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストにのる世界中の希少動物たちをモチーフとしたプル&プッシュトイ。ヨーロッパのバイソン、インドの大きなリス、オーストラリアのフクロアリクイ、アフリカのオカピ、南アメリカのオオアリクイ、北アメリカのアルマジロなどを、ユニークな表情とフランスらしいカラーリングで再現しています。
製品は全てフランスの職人によるハンドメイドで、ブナの無垢材のカットから組み立て、仕上げに至るまでが丁寧に行われています。また、玩具安全基準EN71.1.2.3に合格しているため子どもたちに安心して遊んでいただけます。

楽しさと教育とを兼ね備えたKAKAPOの動物たち。遊びながら自然や動物に対する興味や想像力を養うことができる、あたらしい知育玩具です。